2019年10月1日以降にニュージーランドに観光(ビザなし)で渡航される方はNZeTA(NZ電子渡航認証)が必要になります。

NZeTA取得まで、申請から最大72時間かかる可能性がありますので、渡航前に早めに申請を済ませましょう。

また、ニュージーランド、その他の国も含め入国拒否や退去命令、ビザが却下された経歴がある方は追加の審査などが発生することもありますので、72時間よりも十分余裕を持って手続きをされることをお勧めします。

※注意点

  • NZeTAを取得していない場合、飛行機の搭乗が拒否される可能性があります。
  • NZeTAを申請すると最長2年間で複数回の訪問が可能です。
  • ワーキングホリデービザ、学生ビザ、観光ビザ等を取得済みの方はNZeTAは必要はありませんが、ビザ申請時にIVL(観光税)の支払いが必要です。

NZeTAについての移民局ウェブサイト
https://www.immigration.govt.nz/new-zealand-visas/apply-for-a-visa/about-visa/nzeta

NZeTAに必要なもの

  • 有効期限のあるパスポート(滞在期間+3ヶ月以上)
  • クレジットカード(VisaかMasterCard) ※JCBやAmerican Express (Amex)は不可
  • メールアドレス(携帯電話のキャリアメール(docomoやau、Softbank)以外がおすすめ)

NZeTAの費用

  • 申請料:アプリからの申請は$9、ウェブサイトのオンラインフォームからは$12
  • 観光税(IVL=International Visitor Conservation and Tourism Levy):$35

合計=$47

申請方法(申請は10分程度で完了します)